top of page

アマルガム除去について


有害金属解毒 l アマルガム除去

有害金属とは、シーフード、お米、井戸水、予防接種、歯科用詰め物など、私たちが呼吸する空気の中、飲む水の中、食べ物の中、触れる物質の中に存在しています。

重金属、水銀、ヒ素などの成分は毒性であり、認知症、不妊症、糖尿病、癌のような症状のリスクを上昇させる可能性があります。また、肝臓、腎臓、脳、心臓血管系、神経系、内分泌系にダメージを与えるとも言われています。

ヨウ素やセレンなどの成分は、有害でもあると同時に、必須でもあります。これらは、神経伝達物質を合成してホルモンを活性化する酵素にとって重要なものであり、適量範囲内であれば健康になんの問題もありません。しかし、多すぎたり少なすぎたりすると、私たちの健康に影響を与えます。

甲状腺と毒素の関係
  1. ヨウ素、ヨウ素化された塩、海藻、シーフードは、甲状腺ホルモンT3とT4の主要成分です。

  2. ヨウ素は、甲状腺ホルモンのバランスにつながり、様々な症状や乳がんなどをの予防になります。

  3. 臭素そのものの栄養価値は解明されていませんが、ヨウ素不足において臭素が甲状腺ホルモンの合成を妨げると言われています。

  4. ヒ素とは、魚やお米に含まれる毒素であり、セレニウムに反発し、甲状腺機能を妨げます。

  5. 水銀とは、歯科用アマルガム、シーフード、ワクチンに含まれる重金属であり、セレニウムに結びつき、甲状腺機能を低下させます。

  6. ヨウ素不足はこの40年間で4倍にも跳ね上がり、健康な成人の74%がヨウ素不足だと言われています。

検査を受けた方がいい方
  • 喫煙者

  • 趣味や仕事で重金属と接触する方

  • 古い建物に住んでいる方

  • 飲料水に金属が入っている可能性のある地域に住んでいる方

  • 甲状腺関連の健康問題がある方

  • 必須要素のアンバランスや、栄養不足が原因とされる症状がある方

有害重金の検査とは

有毒重金属

最も有毒であると考えられている4つの重金属であるヒ素、カドミウム、鉛、水銀が含まれています。これらのレベルが高いと、タンパク質、脂質、DNAに損傷を与える反応性酸素種(ROS)を増加させます。また、必須成分であるセレンと結合し、甲状腺ホルモンの合成と活性化に必要な酵素を減少させます。

栄養成分

ヨウ素、セレン、マグネシウム、銅、亜鉛、臭素などの主要な栄養成分も検査します。

正確性

毒素と栄養成分は、体の異なるシステムに影響を与えるため、同じ体液中で全て一緒に測定することはできません。この検査では、科学的に最も適切である尿または全血を使用して検査を行います。

最も便利な尿検査

ドライ尿検査は、ご家庭で簡単に行うことができます。終日の尿収集を行う必要はなく、1日に4回までフィルターストリップ上で尿を採取するだけです。乾燥したストリップは30日間保存可能であり、簡単に郵送することができます。

*当チームのチームリーダーは、約10年に渡り日本の医師や栄養療法士にアドバイス、ご指導させていただいております。何でもご相談、ご質問下さい!


閲覧数:3回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page