top of page

神経疾患(神経病)について


神経疾患(神経病)とは

神経疾患とは、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、認知症、パーキンソン病などが含まれます。神経疾患の多くが未だミステリーに包まれており、効果的な治療法は見つかっていませんが、症状を改善することは可能です!

私たちの治療は、ニューヨークのトップ神経科医とは異なり、一人一人の症状に着目して、体のシステムや臓器が正確に機能しているのかを確認します。このアプローチ法により、一見神経疾患とは無関係に思える症状や体のアンバランスをも明らかにし、改善することができるのです。体のシステムは、様々な機能を持っているので、とても小さな改善が、脳や神経を含む体全体に大きな効果を生み出すことも可能です。

神経疾患の症状

神経系は、多くの身体機能やシステムに関与しているので、様々な兆候が考えられます。そして、神経疾患の症状は、傷ついている神経の種類と場所によって異なります。

  • 混乱、認知の変化

  • 注意力低下

  • バランスと協調性の喪失

  • 記憶喪失

  • 筋力低下

  • しびれ

  • 痛み

  • 部分的または全身の麻痺

  • 位置感覚の問題

  • ヒリヒリ感やチクチク感

神経疾患の原因

認知症やパーキンソン病などの神経疾患は、神経細胞のニューロンの構造と機能にも関係しています。この神経細胞は、神経系の基本要素であり、脳内の様々なエリア、そして脳と体をつないでいます。神経疾患の多くは、遺伝もします。

  • 腫瘍や脳卒中などの他の病気

  • 怪我

  • 毒素や化学物質などの環境物質

  • ウイルス

神経の痛みやしびれなどの神経障害には、下記の原因が考えられます。

神経疾患の検査

まず、免疫系の機能に重要なマイクロバイオームにおける、細菌の増殖や炎症を検査します。その後、食事、ハーブ、サプリメントを用いて治療をします。また、自律神経応答検査を行い、体が生化学やエネルギーにどのように反応するかを明らかにします。これにより、大便検査ではよく見落とされてしまう酵母や寄生虫を検出することもできます。さらに、TRH刺激検査を行い、甲状腺の機能を調べます。

神経疾患の診断方法

体の全システムとその相互作用を調べることによって、診断します。アンバランスを明らかにするために、患者の検査結果だけでなく、患者の言動も判断材料にします。たった1つの小さな改善が、思考、言語、体をコントロールする能力に大きな影響を与えることがあります。私たちは、食事、遺伝、環境ストレスなど、広範囲における要因を診断し、個人個人にカスタマイズされた医療計画を作成します。世界各地の検査結果と科学的アプローチを組み合わせることで、重症患者においても驚異的な結果を得られることがあります。

*当チームのチームリーダーは、約10年に渡り日本の医師や栄養療法士にアドバイス、ご指導させていただいております。何でもご相談、ご質問下さい!


閲覧数:2回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page