top of page

心血管疾患検査①


心血管疾患とは

心血管疾患は、心臓、血管、循環器における疾患のことで、男性と女性の両方における死亡原因の第1位です。4人に1人が心血管疾患が原因で亡くなっているといわれています。心血管疾患は、糖尿病や肥満などの健康状態や、食生活、運動不足、喫煙、飲酒などのライフスタイルによって、リスクが高まります。

心臓疾患と副腎検査

心臓発作が起きた場合に、助かるか助からないかを決める重要な点が 副腎疲労を過大に持っているか、副腎が元気であるかです。副腎はミトコンドリアにあたり、ミトコンドリア病と言われる心臓疾患に多い接点こそが、副腎疲労症です。

寄って、20歳でも疲れがある場合、80歳でも不眠や疲労感が残留する朝を迎える方々は副腎検査を行い、自分の疲労レベルを知る事が心臓疾患、メタボリック疾患にも重要な検査です。

心血管疾患検査

この心血管疾患検査は、酸化LDLを使用した検査であり、一般的な脂質検査よりも心血管疾患のリスクをより深く理解することができます。心血管疾患検査は、下記を測定します。

  • 酸化LDL

  • 総コレステロール

  • LDL(低密度リポタンパク質、悪玉コレステロール)

  • HDL(高密度リポタンパク質、善玉コレステロール)

  • 中性脂肪(トリグリセリド)

  • コレステロールの比率

  • VLDL(超低密度リポタンパク質)

  • ヘモグロビンA1c

  • フェリチン

  • フィブリノーゲン

  • 赤血球沈降速度

  • アディポネクチンとレプチン

  • インスリン

コレステロール低下症

コレステロール低下症を持つ場合は、次の疾患に注意が大事です。

  • 脳の低下症

  • 発達脳機能障害

  • 筋肉低下症

  • 免疫低下症

  • ローT

  • 男性ホルモンテストステロン低下症

  • エストロゲン低下症

  • 若年性更年期障害

  • 甲状腺疾患等

心血管疾患検査②に続きます。


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page