top of page

心血管疾患検査②


心血管疾患検査①の続きです。

酸化LDL(酸化悪玉コレステロール)

酸化LDL(酸化低密度リポタンパク質)は、フリーラジカルのような不安定な分子によってダメージを受けた、LDLです。酸化LDLは、非酸化LDLよりも危険であり、動脈におけるプラーク(脂肪沈着物)の形成につながる可能性がより高いといわれています。また、酸化LDLは、コエンザイムQ10のような抗酸化物質の必要性も明らかにすることができます。酸化LDLは、下記の状態と関連するといわれています。症状や病歴のあるなしに関わらず、予測するのにも役立ちます。

酸化LDLのレベルが高い場合

  • アテローム性動脈硬化症

  • 冠動脈疾患

  • 肥満

  • 2型糖尿病

  • 急性心筋梗塞(AMI)

  • アテローム血栓症

  • 高血圧

  • メタボリック・シンドローム

  • 多発性硬化症(MS)

  • うつ病

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

今日、子供における肥満が増加するにつれて、インスリン抵抗性や心血管疾患も増加しています。酸化LDLは、6歳以上の子供のアテローム性動脈硬化症のマーカーとしても使用できます。

総コレステロール

総コレステロールは、HDL(善玉コレステロール)、LDL(悪玉コレステロール)、VLDLを含みます。総コレステロールは、下記の状態と関連するといわれています。

総コレステロールが低い場合

総コレステロールが高い場合

  • アテローム性動脈硬化症

  • 冠状動脈性心疾患

  • 脳卒中

  • 末梢血管疾患

  • 2型糖尿病

  • 高血圧

LDL(悪玉コレステロール)

LDLは、全血清コレステロールの60〜70%を占め、血液中の中性脂肪(トリグリセリド)を輸送します。LDLは、は下記の状態と関連するといわれています。

LDLが低い場合

  • 脂肪肝疾患

  • 慢性肝疾患

  • 栄養失調

  • パーキンソン病

LDLが高い場合

  • 家族性高コレステロール血症

  • インスリン抵抗性

  • メタボリックシンドローム

  • 無症候性甲状腺機能低下症

  • 細菌感染、ウイルス感染

HDL(善玉コレステロール)

HDLは、総コレステロールの約20〜30%を占め、LDL(悪玉コレステロール)を肝臓へと運んでくれるため、善玉コレステロールとして知られています。HDLは、下記の状態に関連するといわれています。

HDLが低い場合

  • アテローム性動脈硬化症

  • 冠状動脈性心疾患

  • 心筋梗塞

  • 脳卒中

  • 2型糖尿病

  • 肥満

HDLが高い場合

  • 慢性アルコール依存症

  • 経口エストロゲン補充療法による治療

  • ナイアシン、スタチン、フィブラートによる治療

中性脂肪(トリグリセリド)

中性脂肪は、血液中の脂肪の1種であり、肝臓で作られたり、食物に含まれています。食事による過剰なカロリーは、中性脂肪に変換され、脂肪細胞に保存されます。脂肪細胞は必要時にエネルギーとして中性脂肪を放出します。中性脂肪は、下記の状態に関連するといわれています。

中性脂肪が低い場合

  • 栄養失調

  • 自己免疫疾患

  • 肝疾患

中性脂肪が高い場合

  • 代謝症候群

  • 2型糖尿病

  • 肥満

  • 甲状腺機能低下症

  • 腎臓病

  • 肝障害

  • 膵炎

コレステロールの比率

総コレステロールとHDLの比率は、心血管疾患を判断するために使用されます。低い比率が理想的です。男性の場合は5以下、女性の場合は4.4以下の比率が理想です。比率が高い場合は、下記の状態に関連するといわれています。

  • 冠状動脈性心疾患(死にいたることもある)

  • 心筋梗塞

  • 狭心症

  • 冠動脈機能不全

VLDL(超低密度リポタンパク質)

VLDL(超低密度リポタンパク質)は、全血清コレステロールの10〜15%を占め、肝臓や腸で産生されるLDLの前駆体です。他のコレステロールとは対照に、多くの中性脂肪を含みます。VLDLは、下記の状態に関連するといわれています。

  • 循環器疾患

  • 肥満

  • 糖尿病

  • 高血圧

  • メタボリック・シンドローム

  • インスリン抵抗性

ヘモグロビンA1c (HbA1c)

ヘモグロビンは、酸素を運ぶ赤血球における鉄を含んだタンパク質です。 ヘモグロビンA1cは、グルコースで覆われています。血糖値が高い方は、より多くのヘモグロビンA1cを持っています。ヘモグロビンA1cは、下記の状態に関連しているといわれています。

ヘモグロビンA1cが低い場合

  • 鉄欠乏性貧血

  • メタボリック・シンドローム

  • 慢性肝疾患

  • 炎症

  • 失血

  • 高トリグリセリド血症

  • 薬への反応

ヘモグロビンA1cが高い場合

  • 2型糖尿病

  • 慢性腎臓病

  • 心臓病

  • 神経損傷

  • 脳卒中

  • 眼疾患

  • アルコール依存症

フェリチン

フェリチンは、鉄に結合するタンパク質です。 フェリチン血液検査は、間接的に血液中の鉄を測定することで、体に保存されている鉄を検査します。フェリチンは、下記の状態に関連するといわれています。

フェリチンが低い場合

  • 鉄欠乏性貧血

  • 過度の月経出血

  • セリアック病、クローン病、潰瘍性大腸炎、グルテン不耐症による腸の吸収不良

  • 甲状腺機能低下症

  • 不穏下肢症候群

フェリチンが高い場合

  • アテローム性動脈硬化症

  • 心筋梗塞

  • 肝疾患

  • 炎症

  • アルコール依存症

  • 関節リウマチ

  • 過敏性腸症候群

  • 細菌感染症

  • がん

  • 甲状腺中毒症

フィブリノーゲン

フィブリノーゲンは、肝臓で作られるタンパク質であり、血液凝固の主要因子として知られています。フィブリノーゲンは、炎症によって増加させられます。フィブリノーゲンは、下記の状態に関連するといわれています。

フィブリノーゲンが低い場合

  • 出血障害

  • 遺伝性や後天性の凝固障害

  • 重度の栄養失調

  • 進行肝疾患

フィブリノーゲンが高い場合

  • アテローム性動脈硬化症

  • 脳卒中

  • 急性と慢性の炎症性疾患

  • 急性感染症

赤血球沈降速度(ESR)

赤血球沈降速度(ESR)は、赤血球が抗凝固処理された血液から沈んでいく速度です。体内における炎症や壊死は、血漿タンパク質を変化させ、赤血球をより速く沈ませます。赤血球沈降速度が高い場合、下記の状態に関連するといわれています。

  • 一般的な炎症

  • 炎症性疾患

  • 関節炎、ループス、関節リウマチ

  • 脳卒中

  • 慢性感染症

  • 貧血

  • 甲状腺疾患

  • 腎臓病

  • 妊娠

アディポネクチンとレプチン

アディポネクチンは、脂肪細胞によって放出されるタンパク質です。アディポネクチンは、脂肪酸を分解し、血糖を調節することに関係しています。レプチンは、脂肪細胞によって産生されるホルモンで、満腹感を促す食欲を制御するのに役立ちます。アディポネクチンとレプチンの両方を測定し、その2つを比べます。アディポネクチンとレプチンのアンバランスは、下記の状態に関連するといわれています。

  • 肥満

  • 2型糖尿病

  • 冠動脈疾患

  • メタボリック・シンドローム

  • アテローム性動脈硬化症

インスリン

インスリンは、膵臓で作られるホルモンです。インスリンは、体の細胞が血液からグルコースを吸収できるようにし、肝臓が作るグルコースの量を減らします。

インスリン抵抗性の場合、体の細胞がインスリンからのメッセージを受け取ることが難しくなります。すると、グルコースを適切に吸収することができず、血液中にグルコースが蓄積してしまいます。膵臓は、より多くのインスリンを産生することによって、このアンバランスを補いますが、インスリンを多く生産し続けることはできません。インスリンのレベルが高い場合、下記の状態に関連するといわれています。

  • メタボリック・シンドローム

  • 前糖尿病(糖尿病予備軍)

  • 2型糖尿病

  • 肥満

  • 高血圧

  • 心臓病

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

  • 甲状腺機能低下症

当チームリーダーは、10年以上日本の医師(抗加齢、栄養療法医師、ホルモン治療、予防医学、自閉症医学、脳医学、神経医学、免疫医学含)、歯科医(バイオロジカルデンティスト、アマルガム療法、歯科栄養療法)、栄養士、オリンピックアスリート、コーチ等にコーチング、指導、育成を行っております。ご相談、コーチに関してはいつでもご連絡下さい。


閲覧数:5回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page