top of page

解毒遺伝子検査 l デトックス遺伝子検査

解毒遺伝子検査 I デトックス遺伝子検査

解毒は、2つの段階に分けられます。第1段階の解毒は、活性化の段階として知られ、除去される必要のある物質を酵素が活性化させます。この第1段階の酵素は、解毒ために適切な量を活性化させる必要があります。第1段階の活性化合物は有害です。

第1段階から引き継がれる酵素は、体からの毒素を排泄させます。これらの酵素は、第1段階からの活性毒素をグルタチオンと結合させ、水溶性にするため、汗や尿として排泄されます。これが第2段階の解毒です。

第1段階と第2段階の解毒は、スニップ(SNPs)によってバランスを崩します。解毒のアンバランスは、遺伝子損傷、癌、他の疾患のリスクを高めるといわれています。

*グルタチオン回路は解毒回路を言います。解毒が出来る身体作りが元気であればグルタチオンの生産とリサイクルが可能です。

解毒遺伝子検査によって、下記の遺伝子のスニップ(SNPs)を分析します。発がん、(乳がん、前立腺がん含)、アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病、ALS等を予防したい場合にはこの検査をお薦めします。

  • CYP1A1(サイクロン検査、P450 検査)

  • GSTM1(グルタチオン検査)

  • GSTT1(グルタチオン検査)

  • GSTP1(グルタチオン検査)

  • NQO1

*当チームリーダーは、10年以上日本の医師(抗加齢、栄養療法医師、ホルモン治療、予防医学、自閉症医学、脳医学、神経医学、免疫医学含)、歯科医(バイオロジカルデンティスト、アマルガム療法、歯科栄養療法)、栄養士、オリンピックアスリート、コーチ等にコーチング、指導、育成を行っております。ご相談、コーチに関してはいつでもご連絡下さい。


閲覧数:24回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page