top of page

酸化遺伝子検査

酸化遺伝子検査

フリーラジカルは、体のエネルギー生成プロセスの副生成物です。フリーラジカルは、 他の分子との反応が高く、遺伝子、タンパク質、細胞膜にダメージを与える可能性があります。フリーラジカルをやっつけてくれるのが、抗酸化物質です。抗酸化物質は、酵素として体内に存在し、野菜や果物のような食品からも摂取することができます。酸化ダメージの危険性は、特定のスニップ(SNPs)と、不健全なライフスタイルの両方によって増加します。

酸化遺伝子検査では、下記の遺伝子のスニップ(SNPs)を分析します。

  • SOD2

  • eNOS

*当チームリーダーは、10年以上日本の医師(抗加齢、栄養療法医師、ホルモン治療、予防医学、自閉症医学、脳医学、神経医学、免疫医学含)、歯科医(バイオロジカルデンティスト、アマルガム療法、歯科栄養療法)、栄養士、オリンピックアスリート、コーチ等にコーチング、指導、育成を行っております。ご相談、コーチに関してはいつでもご連絡下さい。



閲覧数:10回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page