top of page

P450とCYP1B1遺伝子検査

P450とは

P450とは酵素であり、人間が生きていくうえで、体内の解毒機能を行うために最も重要な役目を担います。P450酵素は、主に肝臓に存在しますが、体中の細胞にも存在します。P450酵素は、細胞内におけるタンパク質の過程と輸送、エネルギー産生を担うミトコンドリア機能、薬物や環境汚染などの解毒に深く関与しています。P450酵素は、動物、植物、真菌、原生生物、細菌、古細菌、ウイルスなど、すべての生物において確認されています。

P450とは、最重要な解毒遺伝子でもあります。P450酵素は、薬物代謝(薬を摂取しても吸収できない、薬が代謝できない、時には薬アレルギーの反応など)に関与する酵素の70%〜80%を占めているため、P450遺伝子に変異がある場合、薬物代謝に影響を与えることがあります。変異によって薬物代謝が遅くなると、薬物はより長く有効なままになるため、摂取量を少なくする必要があります。反対に、薬剤が早く分解される場合は、摂取量を増やす必要があります。

CYP1B1遺伝子

CYP1B1遺伝子は、乳がんと関与する解毒遺伝子の1つです。P450遺伝子は、薬物代謝、コレステロール、ステロイドや他の脂質の合成に関与する酵素を産生するために指示を出します。CYP1B1遺伝子は、P450遺伝子ファミリーの1メンバーです。CYP1B1遺伝子は、緑内障など眼の異常や、エストロゲンの代謝に関与すると言われています。

エストロゲンは、男性と女性の両方の生殖器系の発達や調節、コレステロールの調節、骨の健康に不可欠なホルモンです。しかし、エストロゲンのレベルが高くなり過ぎると、乳がんを発症する可能性を高めます。つまり、CYP1B1遺伝子に変異がある場合は、生涯の癌リスクにも影響を及ぼし得るということです。

CYP1B1遺伝子検査

CPY1B1遺伝子検査によって、あなたの遺伝子を理解し、解毒を改善することで、がん予防やがんの改善につながります。あなたの体がきちんと解毒をすることで、元気レベルが変わってきます。


閲覧数:34回
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Youtube
  • Instagram
bottom of page